×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

概要

少林寺と感慨

「少林寺拳法教範」は初頭の「拳法教範」以降、何度かのの訂正・補給が行われています。目下の三番新しい2分冊の「教範」に限らずテクニック、手法・思想、哲理が盛り込まれています。わたしの「少林寺拳法教範」は赤表紙の分厚い物品で、シリアル№が押捺されております。鉄則、何者もがフリーにお手手に仕上がりる物品ではありません。当然非売品です。しかし、教範がを手元にあるとしても県院や本山での鍛練・訓練が条件ののに、実角の教えるによる省くやたやすいがあるし、一族の教典としてテクニック方を盗ないように考察しわざとに明解を避けている叙述一部分少なからずあります。県院でしっかりと宗門の行として訓練を永続されるなら、年代が来ればお手にするなあもありましょう。

この教範は指導者用の物品として作られた物品ですが、お日様貿刊行刊「少林寺拳法-その思想と手法」は目下廃刊のようですが、古本としてAmazon方で比較的安値でお手手に入ります。「少林寺拳法-その思想と手法」の中身は、序言~第4章「思想編」・第5章~第6章 「剛法編」・第7章~第8章 「柔術法編」・第9章~第10章 「応用編」として記入されています。「思想編」では、少林寺拳法の歴史から精神的背景・金剛禅運動の展開・守主攻従などの少林寺拳法の六つの特徴・経脉と経絡秘孔・多様の理法・鎮魂行と整法・修行法と法階制度などが目下の教本とは説明の切り口の異なる元祖の言葉で記入されています。

「剛法編」・「柔術法編」では初段手法+アルファー程度ですが、多様手法が写真と解説文が周到に説明されています。「抜き手並み」方は普段の訓練の角、口述解説では知るしにくい一部分の図説があり簡便すると思われます。この「少林寺拳法-その思想と手法」は教範の補助という位置づけとも言え、昨今の技術書と違った見様の仕上がりる三冊です。元祖自身のお手手で書かれた物品であるのにに一部分的ではありますが、各各の費目の説明が極めて親切周到に記入されています。言わば、教範をより分かり易く大型写真に改定した物品と言えそうです。一遍お手手にとってみては如何でしょうか。特に思想編は抜群の仕上がりですから、損失はしないと思います。

習い事としての少林寺と音楽

書道とそろばんは所要ないです。小学校の1、2年で結構徹底的にやりますから。書道は小学校で習字をやりますので、下部な文字をかかせると教員が恥をかくので、結構死に物狂いになって教えてくれます。あと、字を書くのがうまい下部が問われるのは、世の中にでてからですから、その際に必要性を感じたら自己で習えばいいんです。そろばんも、勘定ドリルがあるのは小学校までで、そろばんできても三角関数や微積分ができない人間はいっぱいいます。

ピアノは譜面が読めるようになるので、生の幅を広げるなら、小学校くらいまでならやっていていいと思います。ピアノは君子になってからでは無理です。どれと、かなづちだと多彩困るので、泳ぎ1年だけでいいのでやっておきましょう。サッカーのいいうえは、いい方とかやな方とか、勝手な方とかサイドリーダー型の方とか、とにかく多彩な子がほどよくミックスされて集まっているうえです。サッカーがうまい下部というより、周りの同志と共同するというなあを覚えるという意義で所要です。家内のアイドルでなんでも買ってもらえる勝手な親王様やお姫様だった幼子が、君子になっていきます。ただし野球は台無しです。精神力論の世の中なので、子がねじまがります。

格闘技は意義ないです。特に素手、柔、剣法、少林寺拳法は精神力論がまかり通っており、「この稽古をすれば、こうのびるよ」といった科学的典拠のある手ほどきをする先生は大部分いません。また、「黙礼にはじまって黙礼におわる」との言辞どおり、敵との黙礼を優先するので、いじめっ子手には理由にたちません。格闘技はボクシングがいいかと思います。西洋発祥なので、科学的に稽古をしますし、黙礼についても厳しく問わないので、いじめっ子をタコ殴りにするような、強い子に育ちます。女児は、会話術ですかね。女児の闘争は、腕っ節よりも、「同志はずれにして、日陰でひそひそ笑う」なので、そういう闘争にかつにの学習塾はないので、普段から周縁を引きつける会話術を身体につけさせましょう。


since2010 © 少林寺について